WPL-2000 LCD画面付きGPSロガーの仕様・性能比較

WPL-2000は、GPSデータロガーとしてだけでなく
簡易なハンディGPSレシーバとしても使用可能です。

本体のLCDディスプレイに表示される内容
・進行方向・速度・高度
・移動距離
・移動時間・停止時間・合計時間
・平均速度
・緯度・経度
・時刻

座標表示、度分秒にも対応し表示画面で切替えが可能。

GPSチップは高感度チップu-blox 5を採用し
単四電池2個で約19時間作動します。

小型で省スペースのUSBドングルND-100とM-241のような機能を
合わせもったGPSロガーで、ノートPCを良く持ち歩く方に
特にオススメできるGPSロガーです。



◆価格・使い方・仕様詳細などはこちらから
WPL-2000 LCD画面付きGPSロガー

特徴
・ 座標表示が度分秒にも対応で、表示画面の切替え可能
・LCD(液晶表示)に
 通算距離・速度・座標・方位・設定状態・バッテリ情報を表示
・u-blox超高感度GPSチップ採用
・ケーブル不要で、キャップを開けてそのままUSBポートに接続
・単四電池2個で約19時間作動
・さまざまなログタイミング設定、手動ボタンでのログも可能
・Google Earthを含むさまざまな形式に変換可能
・最大94,000点ログ
・LCD(液晶表示)バックライト動作時間5秒〜255秒の間で設定可能

電源:単四電池2個
作動時間:約19時間
動作温度:-10 〜 60℃
サイズ:85 X 31 X 23mm
重さ:39g(電池を除く)
最大ログ点数:94,000点

WPL-2000 LCD画面付きGPSロガー
 
 タグ