ML-7S 超小型GPSデータロガー 長時間タイプの性能比較

ML-7Sは、ML-7 を長時間使用可能にした
超小型のGPSロガーです。

・ログの取得間隔は3分間隔で5ポイントづつ取得の繰り返し
・動作時間は約36時間稼動
・ログ取得間隔が1秒間隔で5ポイント取り
 3分間のブランクがありますので
 記録されるトラックはブランク部分が直線で結ばれます

小型で軽量なので、犬や猫、鳩などのペットの行動軌跡の記録など
長時間移動する移動体の記録に向いています。



◆ML-7との軌跡比較・価格・操作例などの詳細はこちらから
ML-7S 超小型GPSデータロガー 長時間タイプ

製品仕様
・GPS精度
受信機: 51CH並列受信機
測位データ更新:1Hz
受信感度: -158dBm
ホットスタート : 1.0秒(全てのデータが分かっている場合)
ウォームスタート: 33.0秒
コールドスタート: 36.0秒(全てのデータが不明の時)
測地系:WGS-84

・環境 外観
限界高度:18,000m
限界速度:秒速515m
加速度 :4G
動作温度:0 〜45℃
保管温度:-5 〜35℃
湿度  :95%結露無きこと
サイズ :46.9mm(L) x 18.1mm(W) x 14.9(H)
重量  :12.4g
電源電圧 : DC 5V
消費電力 : 60mA(最大)
バッテリー: 170mAh 内蔵バッテリー
バッテリー寿命:約36時間(3分間隔取得時)

ML-7S 超小型GPSデータロガー 長時間タイプ

 タグ